函館CRSについて


函館千代台陸上スクール(函館CRS)は2004年に設立し、2021年3月には特別非営利活動法人(NPO)となり、今年で創立21年を迎えました。
本スクールには、幼児から一般まで100名程が入会していて、それぞれ健康増進や自己記録更新を目指して意欲的に練習に励み、各種大会に出場しては好成績を収めています。今年も、冬期間一生懸命練習に励んできた選手の皆さんの活躍が大いに期待されます。

なお、各種競技大会要項や参加申込方法、練習予定や内容などはCRSのお便り(CRS情報・CRS〇〇号)などで随時お知らせいたします。

今年度は、大規模改修されたピッカピッカの千代台公園陸上競技場で不自由なく練習できます。また、例年札幌で開催される南部忠平記念陸上大会も本会場で実施されるなど、全道や全国につながる各種大会も目白押しです。

校長あいさつ


3月23日CRS第20回目の卒業式を行いました。中学生14名が晴れて卒業し、それぞれが高校進学を決め、新たな第一歩を踏み出しました。3月31日には、入校式を行い、新装なった千代台陸上競技場で6年度のスタートを切ります。
昨年は、約100名の選手が、北斗市の陸上競技場や千代台公園の中で練習に励みました。110mHの中谷瑠壱選手や100mの渋谷季羽沙選手が全国大会出場を果たしたのをはじめ、中学新人100mHの松岡選手が見事初優勝し、女子4×100mRでは、素晴らしいバトンパスの好記録で北海道一の快挙を成し遂げました。
また、長距離走では、小林一奈選手の快走につぐ快走、ちびっこ駅伝では男女アベック優勝をするなど、CRSの強さを発揮しました。
今年も選手の成長を願い、保護者の皆様とともに、楽しく、明るく、そして元気なお子様になるよう見守っていきたいと思います。

函館CRS校長 岡部 壽一

CRS情報(お便り)

NPO法人 函館CRSでは、練習の様子や競技会の結果をお便りにのせて発行しています。
こちらでは、その内容をオンラインでバックナンバーを含めてご覧いただくことができます。

CRS情報84
CRS436号
函館CRS 6月練習日程表
CRS435号
CRS情報83

函館CRSのNPO法人登録情報はこちら